2008年7月11日金曜日

Hudsonな一日

昨日は不思議にHudsonと縁深い一日でした。

まずは朝、JRubyのユーザ・メーリングリストに「JRuby/Railsとあわせて使うCIコンテナで人気の高いものは?」というような投稿があり、気になって調べていたらHudsonにバッタリ。
お昼休みにはGlassFishの開発者FAQを訳していて、そこに出てきたHK2に関する資料を辿ったところ、流れ流れてHudsonに。夜はまた別のFAQを2本ほど訳したのですが、そのいずれにも川口耕介さんが登場していてその流れでやっぱりHudsonへ…。


こんな風に何かが執拗に目に付く時って、"天の声"ではないけれど、なにか大切なメッセージであったりしますよね :-)

というわけで、今日から少しずつHudsonについて勉強してみることにしました。
と言っても「継続的インテグレーションってなんじゃらほい」という、あからさまに初歩的な所からのスタートなのですが…(--* 


とりあえず最初の一歩。
恥ずかしいので、ハイレベルな技術者の方は読まないでくださいね。

-------------------------
■継続的インテグレーション(Continuous Integration)

⇒常にソースコードをビルドして頻繁に結合するという、一種のソフトウェア開発手法。

#いくつかサイトを回りましたが、豆蔵さんのサイトにあった説明が分かりやすかったです。
http://mamezou.net/modules/xfsection/article.php?articleid=102

-------------------------
■CIサーバとは
⇒継続的インテグレーションを実現するためのサーバ。

@ITの記事「常時結合のススメ」
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/nagile/nagile05/nagile05_03.html

//魔亜珍・富亜裏氏…

-------------------------
■Hudson = CIサーバ

川口耕介さんによる解説。とても読みやすい。
文章の上手な方ですよね。
http://gihyo.jp/dev/feature/01/hudson/0001

ビルドするたびに「できた」と表示するチュートリアルをやってみました :-)

-------------------------


 

0 件のコメント: