2008年10月25日土曜日

TEF東海勉強会

今日はTEF東海部会の勉強会に参加してきました。

TEFとはTest Engineer Forum の頭文字をとったもので、その名の通り、テストを生業とするエンジニアの交流を目的として運営されている組織です。TEFそのものは日本全国を対象とした割と大規模な集まりで、東海部会は、いわばその中の分家のような位置づけだとか。

勉強会を開始するのは今回が2度目とのことでしたが、10名近い参加者が集まり、なかなか賑やかな会になりました。

参加してみてちょっと驚いたのは、参加者の8割が組み込み系の開発に携わる方だったこと。
私はソフトウェア開発の世界に足を踏み入れてかれこれ13年になりますが、基本的に業務系システム一本やりできたため組み込みの世界についてはほとんど知識がありません。

皆さんのお話を聞いていて、同じ「ソフトウェア開発」といっても随分おもむきが違うものだなぁと感心することしきり。色々と面白い話も伺えて、大変有意義な時間を持てました :-)

そうそう、組み込み業界の人は業務系システム開発の世界を「エンプラ系」と呼ぶのですね(エンタープライズだからエンプラ…いえ、一般的な表現なのかどうかは分かりませんが)。
はじめのうち、皆さんがエンプラ、エンプラと連呼するのが「天ぷら」に聞こえ、何の話かサッパリ分からず間抜け面をさらしていた私です。

組み込み系と"エンプラ系"、異なる部分も多いですが、品質検証に関するノウハウには共有できるものがありそうですし、逆に互いの文化から学べるものも多いような気がします。
 

0 件のコメント: