2009年2月9日月曜日

さわ

もう6、7年前のことになりますが、Sun ONE Studioという開発環境の入門書を書いたことがあります。

その際、「Sun ONE Studio」と何度も入力するのが面倒で「さわ」という読みで単語登録をしたのですが、実をいうとそれが未だにユーザ辞書の中にひっそりと生き残っています。

この「さわ」、普段はひっそりとナリを潜めているのですが、時折「さわって」と入力した際などにイキナリ「Sun ONE Studioって」などと飛び出してきたりして、唐突なノスタルジーを感じさせてくれたりします。

そのほかにもオンライン教材の翻訳をしたときに繰り返し登場したセンテンスとか、ネットショップ時代のクレーム対応用フレーズとか(心こもってないなぁ)、ナゾの文句が大量に辞書の中に眠っています。
いい加減消せばいいようなもんですが、どうしても捨てられないおもちゃみたいに、なんとなく消去できないままずっと辞書を使い続けています。

不便だと思う場面もないではないですが、なんとなくビックリ箱みたいで面白いな、とも思うのです^^
 

0 件のコメント: