2009年4月15日水曜日

GlassFish v2 と GlassFish v3

先日知り合いのエンジニアさんが、
「NetBeans 6上でRailsプロジェクトを作る際、サーバの選択肢がGlassFish V3系かWEBrickだけなのはなぜだろう」
――という疑問を日記に書いていらっしゃいました。


いわれてみればそうですね。。。


私はGlassFishコミュニティで翻訳や品質検証のお手伝いをしているわけですが、そういう深い話になると即答できるほどの知識がありません(;_;)
個人的にはV2とV3のアーキテクチャの違いによるものかな~、となんとなく思っているのですが(gemはv3からですものね)、実際のところはどうなんだろう。
 
と、こんなことを書いていたら、やっぱりGlassFishを触りたくなってきてしまいました(^^;
イカンイカン、仕事しなくちゃ。。。
 

3 件のコメント:

Masaki Katakai さんのコメント...

こんばんは〜

V2がないってことですかね?それともMongrelがないということなのでしょうか?

あまり深い理由はなく V3 から gem が使えるのでそれを使っちゃおうということだと思いますよ。

Kana さんのコメント...

Katakaiさん

コメントありがとうございます!
ご無沙汰していますが、お元気でいらっしゃいますか?

>V2がないってことですかね?それともMongrelがないということなのでしょうか?

参考までに、画面キャプチャをはってみました。。。


>あまり深い理由はなく V3 から gem が使えるのでそれを使っちゃおうということだと思いますよ。

なるほど~、そうなのですね。
コミュニティとしても、今後はV3をプッシュしていきたいところでもありますよね :-)

koichiro さんのコメント...

遅レスですが...
V3ではGlassFishを構成する内部のモジュールを自由に選択できるようになったため、
JRuby on Railsを動かすための最小セットをまとめることが可能で、それをgemという形にパッケージしたということであると理解しています。