2009年8月4日火曜日

米国Googleブック検索の話

ちょっと(かなり)出遅れた感もありますが、Googleブック検索和解の話。

過去に20冊くらい本を出しているので他人事ではないのですが、恥ずかしながら、出版社から改めて連絡をいただくまでは、あまり気にしていませんでした。

とても巧妙な和解戦略が練られているようで、現実的に考えると和解を選択するのが賢いのでしょうね。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/25/news089.html
http://books.google.com/intl/ja/googlebooks/agreement/


しかし、無断スキャンに対する補償金が1冊あたり60ドル・・・。
その金額の根拠はなんだろう。

0 件のコメント: