2009年9月12日土曜日

LinuxでJRuby

今日は自宅にあった古いDell(Latitude C400)にCent OS 5をインストールし、その上にJRuby & Railsの動作環境を作ってみました。

自宅で使うLinuxは、Wizpy、Ubuntuに続きこれが3代目。Ubuntuには色々と苦労させられましたが、Cent OSは、始めに間違えて64ビット用のCDイメージを9枚も焼いてしまったということを除けば、これといったトラブルもなくインストールが完了し、快適に使わせてもらっています :-)


JRuby環境の構築には、ちょっと手抜きをしてBitnamiのJRubyStackを利用。
JavaもRubyもApacheもMySQLも全部一度にインストールできる、夢のようなツールです(subversionもついてます)。

▼JRubyStackhttp://bitnami.org/stack/jrubystack

JRubyStackで一通りのツールをインストールしたあと、gemでRailsとMongrelをインストール。
こんなことを書いていいのか分かりませんが、例の本を書いたあとすっかりRubyとは縁遠くなり、「Railsって何だっけ」的な生活を送っていたため、いやというほど打ったはずのコマンドが全然思い出せませんでした...orz


これからは仕事上でRubyを使うシーンが増える(らしい)ので、ぼちぼち復習していこうと思います。

0 件のコメント: